個人再生

個人再生

  • 督促が止まります。
  • 裁判所をとおして強制的に借金合計額を減らします。
  • 住宅ローンある時は、自宅を売らずに借金整理が可能。

 裁判所に借金合計額を一定限度まで減らして、返済方法を裁判所に認めてもらった上で返済開始。

 借金を減らせる限度は、元の借金合計額にもよりますが、だいたい5分の1(最低100万円)にしてもらった借金を基本3年間かけて分割返済していきます。

 破産では裁判所に認めてもらえない可能性がある場合(浪費・ぜいたく・ギャンブル等)や、手続き中の仕事の制限(会社の役員・警備員・生命保険営業等)がありますが、再生ではありませんので、利用できる場合が広いです。

 また住宅ローンも返済中の方の場合は、今住んでいる家を手放さないで、住宅ローン以外の借金を減らして返済することもできますので、非常に助かります(住宅ローン特則)。

 必要なこととして、個人であること、安定した収入(パート・農業等でも可)があること、住宅ローンを除く借金が 5000万円以下 等があります。

ご心配の方はご相談ください。TEL 078-521-8333 

自己破産 個人再生
借金は原則全額払わなくてOK 借金は約5分の1に減って残りを3年以上で分割返済
借金総額上限無し 5千万円まで(住宅ローン除)
無収入でも利用可 継続した収入必要(パート・年金可)
一時できなくなる仕事有       (会社役員等) 仕事に制限無
借金の原因に制限有         (ギャンブルのみ不可、贅沢のみ不可等) 借金の原因に制限無
自宅は売却しなければいけない 自宅に住み続けられる         (住宅ローンが残っている場合)