任意後見

任意後見

  • ご本人様が元気なうちに、将来、後見人になってもらいたい人と公正証書で任意後見契約をすることで、あらかじめ自分の財産管理等の事務を将来の為にお願いしておく制度

 高齢者が認知症などの病気に備える場合などに利用されます。

 任意後見契約は、ご本人様の判断能力が低下した場合に、親族・後見人候補者等の申し立てにより家庭裁判所の後見監督人の審判が確定した時から効力を生じます。

 効力を生じた後は、契約の内容に従いご本人様の身上監護に留意して財産管理を進めていくことになります。

 当事務所では、ご本人様を含めご本人様のご関係者皆様に安心して生活して頂けるように後見人としての務めをはたしていきたいと思っております。

ご相談の方は TEL 078-521-8333